美肌のコツ ~ニキビ対策編~

レーザー治療でニキビ跡を治したいという場合、治療の流れや
注意事項などについて知っておくと良いでしょう。


ニキビ跡を治療するためにはまず、皮膚科でカウンセリングを
受けることになります。


診断を受けて効果があると判断されればレーザーによる治療を
受けることができるでしょう。


施術前には皮膚科で洗顔してメイクを落とし、ベッドに横たわって
目を保護することになります。


施術部分を冷却しながら施術していくことになるため、痛みを感じる心配はほとんどないでしょう。

メイクを落とす
患部の範囲によって照射する時間は変わってきますが、一回の照射は
1秒から2秒程度であり、顔全体でも20分程度で完了するということです。

美しくなる
照射した直後は日焼けした時のように赤く腫れることがあります。
しかし、これは施術後1日から3日程度で気にならなくなりますし、当日からメイクをして帰ることもできます。


治療を受けたらいつから入浴ができるのかということですが、自宅に帰ってすぐに入浴をしても問題ありません。

ニキビと似ているので要注意!細菌性の感染症”蜂巣炎”

蜂巣炎とは皮膚の深部から皮下脂肪の部分にかけてバクテリア等の細菌が感染した細菌性の感染症の事です。


通常人間の皮膚は最近に対して強いバリアがあります。その為、細菌が皮膚にくっついてもほとんど感染する事はありません。
しかしこのバリアが何かしらの理由により突破されてしまうと、そこから細菌が入ってきて感染してしまいます。

 

その原因としては、虫刺されや擦り傷といった傷を負ったり、アトピーや湿疹で皮膚が弱くなっていたり、伝染性の感染が
元々存在していた場合があります。そのほとんどの原因菌は溶連菌や黄色ブドウ球菌です。


これらの菌は、普段の生活環境に生息している菌なので、至る所に存在しています。ただ蜂巣炎は感染症ですが、人に
うつる事はないです。その為感染者に近づいたり、感染者の皮膚に直接触れても感染はしません。

 

では蜂巣炎になると、どのような症状があるのかというと、皮膚が赤く腫れて熱を帯び、触れると痛みがあります。
また発熱や寒気がしたり、関節痛やだるさといった全身症状が出る事もあるので注意が必要です。


治療法としては、抗菌薬が一般的で、治療期間は大体5~14日ほどです。
とにかく蜂巣炎にならない為の予防法としては、常に皮膚をきれいに保ち、皮膚疾患がある場合は治療しておく必要が
あります。

 

とにかく感染する可能性を低くする為に、皮膚バリアを保ち、細菌を寄せ付けない事が重要です。
具体的には常に手洗いをしっかりして、虫刺されや怪我がある場合は、患部を水できれいに洗い流して清潔に
保つ必要があります。